【2023年版】確定申告ってめんどくさい!スマホ申告「e-Tax(イータックス)」がおすすめの理由

e-Tax
Reiko
Reiko

確定申告なんてめんどくさい、税務署なんて行きたくない

実は私、確定申告なんてやりたくないし、帳簿なんて見るのも嫌だったんです。

というわけで、はじめまして。

私は、個人事業主は、ただでさえ忙しい。もっと簡単に確定申告できないのか?をテーマに、スマホでe-Taxの情報発信をしているReikoと申します。

  • 行く時間が無い
  • 受付までの時間がかかる
  • 書類作成が難しい・・・
  • 税務署って何だか怖い・・・
  • ・・・めんどくさい!

色んな意味で、確定申告って大変ですよね?

様々な理由で確定申告がいつも期限ギリギリと言う人が沢山いらっしゃって期日近くなると、受付には長蛇の列。そう言う私も、いつも滑り込みで提出しておりました。

実は、確定申告がめんどくさい本当の理由は、常日頃から領収書などの整理ができていない、記帳ができていないなどの理由から、期日間際になって提出書類の作成に頭を抱えることになるからです。

お金に余裕のある方なら、税理士に丸投げと言う方もいますが、私のような一般人ですと自分でやるしかありません。

e-Taxなら、このめんどくさい記帳や書類作成をオンラインの青色申告ソフトと連動させることで、簿記、会計の知識がない方でも簡単に電子申告をすることができます。

オンライン会計ソフトとは?
スマホを活用した確定申告は、銀行やクレジットカードのデータはネット上から自動取り込み。領収書やレシートは、スマホで撮影するだけで、日付も金額も自動で入力完了するので、簿記や会計の知識が全くない方でも、確定申告の時期が来たら、かんたんな確認作業をするだけで、決算書と確定申告書ができてしまいます。個人事業主向けのクラウド確定申告ソフトはこちら
Reiko
Reiko

元・大手生命保険会社外交員としては、e-Taxとオンライン会計ソフトの組み合わせは「この作業、もっと楽にならないの?」と言う、私の願いにピッタリの条件だったのです。

e-Tax(国税電子申告・納税システム)とは

インターネット環境とネットができる携帯やパソコンなどがあれば、どこからでも所得税、消費税、贈与税、印紙税、酒税などの申告や法定調書の提出、届出や 申請などの各種手続ができるシステムのこと。

2019年にスマホからe-Taxで確定申告ができる「スマート申告」が登場し、2020年より、待望のiPhoneからもe-Taxが利用できるようになったことで、電子申告をする人が増えています。

e-Tax(イータックス)で確定申請するメリット

  • 24時間いつでも利用可能
  • ネットができる携帯やPCがあればどこからでも申告できる。
  • 印刷や郵送が不要
  • 添付書類が不要(※一部を除く)
  • 約3週間ほどで還付(書面だと1ヶ月以上)
  • 青色申告特別控除65万円受けられる

2018年の税制改正により2020年分の申告から「e-Tax(イータックス)」で、確定申請すると「青色申告特別控除が65万円」受けられるようになります。これは、紙で申告するより10万円も控除額がアップするわけですから、是非とも今年の申告はe-Taxを利用して頂きたいと思います。

スマホやiPhoneで確定申告に必要なものは?

電子申告をするにあたって、マイナンバーを使う方法とIDとパスワードを使う方法の2つがあります。★iPhoneとマイナンバー方式でe-Taxを使う方法はこちら

マイナンバー方式
・マイナンバーカードと暗証番号
(暗証番号を忘れた方はこちらから再設定できます)
・ICカードを読み取れるスマホ又はiPhoneなど
(事前にマイナポータルアプリのインストールが必要です)
iPhoneとマイナンバー方式でe-Taxを使う方法はこちら
ID・パスワード方式
ID・パスワード方式の届出完了通知が必要になり、これは免許証などの本人確認書類を持って税務署に行くと発行できます。この方法は、マイナンバーカードが不況するまでの暫定的な対応とのことですので、出来るだけマイナンバーカードを取得されることをお勧めいたします。

e-Tax申告で利用可能なもの

  • 収入 給与取得、雑所得(年金・副業など)、一時所得(生命保険など)
  • 所得控除 すべての所得控除
  • 税額控除 政党等寄付金特別控除、災害減免額
  • その他 本年文で差し引く、前年からの繰り越し損失額

詳しくは、国税庁 令和4年分確定申告特集のページでご確認ください。

パソコンとスマホでラクチン!確定申告[2023年3月15日提出] Kindle版
時短を実現!自動入力が進化中!
●Prologue:トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●Part1:給与や年金などの所得や控除を入力!
●Part2:ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●Part3:市販の薬や医療費が高額だった人の申告
●Part4:株や投信の利益や損失を申告
●Part5:投信の分配金や株の配当金を申告
●Part6:FXや先物の利益や損失を申告

スマホ申告に関する国税局動画チャンネル

スマホ申告 マイナポータル連携の操作方法
スマートフォンで公的年金等の源泉徴収票や医療費及び寄附金(ふるさと納税)の控除証明書等について、マイナポータル連携を行う方法をご案内しています。
https://www.youtube.com/watch?v=BLzLX0otye8

スマホ申告 マイナンバーカードを利用したe-Tax送信方法
スマートフォンでマイナンバーカードを利用したe-Tax送信方法「マイナンバーカード方式」及び事前設定の方法についてご案内しています。
https://www.youtube.com/watch?v=REyhY_cv-gA

・《スマホのカメラで「給与所得の源泉徴収票」を読み取って自動入力》
https://www.youtube.com/watch?v=7FMCuKAgYdc
スマートフォンで給与所得の源泉徴収票をカメラで読み取って自動入力する方法をご案内しています。

・公的年金の入力方法
https://www.youtube.com/watch?v=PiwWOpV2JBQ
スマートフォンで公的年金の入力を行う方法をご案内しています。

・寄附金控除(ふるさと納税)の入力方法
https://www.youtube.com/watch?v=rZlgU_Vp_0c
スマートフォンでふるさと納税に関する寄附金控除の入力を行う方法をご案内しています。

・医療費控除の入力方法
https://www.youtube.com/watch?v=EST_vtOGpuU
スマートフォンで医療費控除の入力を行う方法をご案内しています。

・青色申告決算書等の入力方法
https://www.youtube.com/watch?v=JXS8rr64fCI
スマートフォンで青色申告決算書の入力を行う方法をご案内しています。

・「特定口座」での株式譲渡・配当をスマホで申告
https://www.youtube.com/watch?v=kz9VQVCQClI
株式の譲渡や配当がある方が特定口座の内容をスマートフォンを使って確定申告する方法についてご説明しています。

・特定口座の入力のしかた
https://www.youtube.com/watch?v=LYGDnnewGBw
スマートフォンで特定口座の内容を直接入力する方法をご案内しています。

タイトルとURLをコピーしました